残尿手当

残業手当などというのはボンビー勤務デザイナーには無縁のことだった。

残業しなければいけないなどというのは能力のない証拠だわさ!

そんな~。部長、お願い残業手当出して~。じゃないと結婚も出来ないし~。

何をたわけたことを!それより今度のプレゼン落ちたら首だかんね!

あぁ、女神さま~。などというのが相場だった。

今はそんなことありませんよね!、ね。

残業手当より部長の残尿手当のほうがより深刻だった。

公共トイレで後ろに並んだ若者に舌打ちされるのが悔しいのでさっさと切り上げたのはいいがナント!やはり排尿後尿滴下(ちょい漏れ)でスラックスがシミになっているではありませんか~!

これは、イカン。普段偉そうなことを言っていても「ちょい漏れオヤジ」とは情けない。説得力がない。

このままではカッコ悪いので洗面所の水道を全開にしてわざと前をびしょぬれに。

これならついうっかり手を洗おうとしたら水がかかってな~。と言い訳が出来る。

余計にカッコ悪くなった姿で女子社員に笑われたとさ。

まいど、品のない話で申し訳ありませんが半分?本当の話です。


にほんブログ村 ファッションブログ Tシャツへ
このエントリーをはてなブックマークに追加